よくある質問(賃貸)

Q1.賃貸契約を結ぶ時には、どんな費用が必要ですか?

A.契約時に基本的に必要なのは、保証金となる敷金・(礼金)と仲介手数料、1カ月分の前家賃です。また、万一の際に備えた火災保険への加入料(1.5万~2万円が相場)も必要です。物件を管理している管理会社によっては、鍵交換費用や殺虫消毒代などが必要な場合もあります。ただし、仲介業者の中には、必要のない諸経費を請求してくるところもあるので、ご注意ください。

Q2.お部屋を借りる契約時に必要な書類を教えてください。

A.個人で賃貸借契約をする場合、下記の書類が必要です。
※必要書類は、物件や管理会社により異なります。契約前にご確認ください。
◇入居者の印鑑(銀行印・実印が必要なときも)。
◇入居者の住民票
◇入居者の身分証明書(運転免許証等)
◇収入証明書(源泉徴収票など(入居者・連帯保証人))
◇連帯保証人の実印による印影と印鑑証明書

Q3.敷金とは何ですか?

A.敷金とは退室する際に、入居中に破損させてしまった部屋の設備を修理するための料金です。家賃の未払いや退去時の修繕・清掃費が発生した際に、敷金からその額を差し引かれて、残りの敷金は返金されます。ピタットハウス帯広店では、「敷金・礼金なし賃貸」を多数ご用意しております。

Q10.マンションとアパート、ハイツの違いとは何ですか?

A.まず、「マンション」と「アパート」の違いは、建物としての構造が違います。おもに、分譲マンションなどに多い「鉄筋コンクリート造」や「重量鉄骨造」といわれているものが「マンション」で、それ以外の「木造」「軽量鉄骨造」「ツーバイフォー」「プレハブ」といわれるものが「アパート」と一般的に理解されています。
「ハイツ」「コーポ」「メゾン」などは、構造の種類を示すものではなく、あくまでも「名称の一部」として使われる場合が多いようです。ちなみに、なぜかアパート構造の物件で使われる事が多いです。

Q11.更新時に家賃の見直しなどができるのでしょうか?

A.家賃の見直しについては、あなたがどのくらい長くそこに居住しているのか、近隣相場が極端に上・下落していないかなどを考慮して、大家さん・管理会社が判断します。あまり無謀な要求もできませんので、まずは管理会社に相談してみるといいかもしれません。
場合によっては、大家さんの側から「長く住んでもらって、家賃もしっかりと支払ってもらっているから○○○○円ぐらい下げてあげたい」などという話が出ることもあるので、日頃の関係は大切にしていきましょう。