競売物件

一般的に不動産物件を購入する人はローンの借入を利用します。

その際、不動産物件には担保として抵当権が付けられています。

そして将来、物件の購入者が何らかの理由によりローンの返済を滞った場合、抵当者(お金を貸した側)は抵当権を元に裁判所に競売申し立てして債権を回収しようとします。

これが競売物件です。

この競売不動産は、期間入札に参加し最高額で入札することによって、市価よりも比較的割安に(競売物件に特有のリスクに見合う割安感)購入できます。

一戸建て・マンションなど居住目的として。
事業用ビル・店舗・マンション・一戸建てなどを投資目的として。
短期間で転売して差額を利益とする転売目的として。